医療資格

理学療法士及び作業療法士法とは?

理学療法士及び作業療法士法(りがくりょうほうしおよびさぎょうりょうほうしほう;昭和40年法律第137号)とは、理学療法士、作業療法士の資質を向上し、もって医療及び公衆衛生の普及向上を図ることを目的とする、日本の法律である。1965年(昭和40年)6月29日に公布された。

  • 理学療法士

理学療法士(りがくりょうほうし、英: physical therapist または physiotherapist、略してPT)は、理学療法士及び作業療法士法に基づく国家資格であり、リハビリテーションチームを構成する医療従事者(コ・メディカルスタッフ)の一員である。作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション職と称されるもののうちの一つ。

  • 作業療法士

作業療法士(さぎょうりょうほうし、英: occupational therapist、略称: OT)は、医療従事者の一員である。理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション職と称されるもののうちの一つ。厚生労働大臣の免許を受けて、「作業療法士」の名称を用いて、医師の指示の下に、「作業療法」を行うことを業とする者をいう。